Menu
Close 

      2016/07/23

ヨルカフェ(円城寺マキ)のネタバレと感想!最終回の結末やあらすじは?

 
ヨルカフェ。 画像

この記事を書いている人 - WRITER -

「ヨルカフェ。」を読みました。

 

若き未亡人がイケメンが働くカフェのオーナーに?!

 

「はぴまり」などで大人気の円城寺マキ先生の作品です。

 

今回は「ヨルカフェ。」のあらすじや感想をまとめていきます。

 

以下ネタバレを含みますので先に無料の試し読みからどうぞ♪

サイトで「ヨルカフェ」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「ヨルカフェ」で検索してね

PCの方はこちらから

サイトに移動したら「ヨルカフェ」で検索してね

 

ヨルカフェ。のあらすじ

23歳の妃菜(ひな)は親子ほど歳の離れた資産家・高遠邦和と結婚したけれど、
病気で先立たれ若くして未亡人となってしまいました。

 

夫の遺志に従って相続した「QUEEN’S CAFE」に行く途中
空腹すぎて意識を失ってしまいましたが、
気づけば目の前に元天才テニスプレイヤーの沢渡颯士(さわたりそうし)が。

 

なんと颯士は妃菜のカフェで働く店員で、
他にも望(のぞむ)と美澄(よしずみ)というイケメン店員が
3人でお店を回していたのです。

 

事情があって夜しか営業しないQUEEN’S CAFE。

 

3人のことを深く知ろうとする妃菜ですが、
天然っぷり炸裂で逆に迷惑をかけるばかり。

 

ある日妃菜の歓迎会を3人が企画してくれましたが、
酔っ払って寝ぼけていた妃菜は颯士にキスをしてしまいます。

 

大食いで酒乱の厄介なオーナー・妃菜に
3人は振り回されることになるのですが・・・

 

ヨルカフェ。のネタバレと感想

未亡人のド天然・妃菜にイケメン3人が振り回されているのが何とも楽しいです♪

 

円城寺マキ先生の作品はエロスな部分が多いイメージがありますが、
この作品はわりと控え目でそれよりもコメディ要素が強い感じ。

 

夫を亡くしてもう恋なんてしない!と言いながらも
颯士を自ら襲ってしまったシーンにはえええぇぇぇぇぇー?!と思いましたが
もう天然すぎるキャラだからこそ許されるんですかね。

 

天然の床上手って・・・w

 

おそらくヒロインに共感できる方って少ないと思うんですが、
いちいち言ってることとやってることが違うなんてつっこんでたら、この作品は読めないですw

 

あまり細かいことを考えずにサラッと読むのをオススメします。

 

イケメンたちもそれぞれワケありなようで、
1巻から続きが気になってあっという間に読み終えてしまいました。

 

ネタバレをすると、この設定は亡くなった夫が
妃菜のために用意してくれた「お見合い」でした。

 

完全に弁護士の藤堂は笑いのオチで使われていましたが・・・w

 

ちょっと遠回りな遺言でしたが、最後はなるほどという感じでスッキリ。

 

個人的には円城寺先生の作品は「はぴまり」のような長編が好きですが、
この作品のようにライトにストーリー展開を楽しむのもたまには良いかなと思います♪

 

まとめ

ワケありイケメンたちが働くヨルカフェ。

 

こんなカフェがあったら絶対行きたくなっちゃう!

 

サイトで「ヨルカフェ」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「ヨルカフェ」で検索してね

PCの方はこちらから

サイトに移動したら「ヨルカフェ」で検索してね
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スマホマンガ.com , 2016 All Rights Reserved.