Menu
Close 

      2016/06/24

おんなのいえのネタバレと感想!あらすじや試し読みと名言を紹介

 
おんなのいえ 画像

この記事を書いている人 - WRITER -

「おんなのいえ」を読みました。

 

アラサー女子必見漫画!!

 

今回は「おんなのいえ」のあらすじや感想をまとめていきます。

 

以下ネタバレを含みますので先に無料の試し読みからどうぞ♪

サイトで「おんなのいえ」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「おんなのいえ」で検索してね

 

おんなのいえのあらすじ

「自分の成功より大好きな人の幸せを支えたいと思って・・・」

 

「それ俺全部頼んでないよ・・・」

 

東京で3年間同棲していた彼氏にフラれた29歳の有香(ありか)は
傷心して地元・大阪に戻りました。

 

なんとなく一緒になる気がしていたのに突然の破局。

 

自分の人生プランに入っていた彼がいなくなってしまい、
思いつめて過呼吸で救急搬送されてしまいます。

 

心配した母親は25歳の妹・すみ香(すみか)との同居を命令!

 

仲は悪くないけれど、癒すどころか自由奔放な妹に振り回されてばかり。

 

姉妹と母親、女だけの家族物語が始まる・・・!!

 

 

おんなのいえのネタバレと感想

正直、絵があまり好きでなくて避けてたんですが、
無料で読んでみて続刊は即買いでした!!

 

年齢が合う方はリアルな女の現状をヒシヒシ感じて
読まずにはいられなくなると思います。

 

「あるある」すぎるアラサーの日常は共感できることばかり。

 

「結婚できる女とできひん女の違いを答えよ」

 

「気合ちゃうか?
だってな有香はなんとなくこのままこうなるといいなぁって
責任回避しながら相手の出方期待して待ってたんやろ?
なんとなく叶う願いなんてないよ」

 

良薬口に苦し、です。

 

有香もすみ香もどこにでもいるような普通の女の子ですが、
30歳を前に結婚や将来に対して不安を抱えた有香と
それより3歳若い妹のすみ香は性格も考え方も違います。

 

それにプラス、母の意見が超現実的w

 

東京で暮らし始めたすみ香はバイト探しを始め
キャバクラの面接を受けることにしましたが、
直前に怖くなって有香に「断ってきて」と丸投げ。

 

そこで面接に行く有香はやっぱりお姉ちゃんw

 

代わりに辞退するつもりがまさかの採用、「あかりちゃん」として働くことになりました。

 

クタクタに疲れて帰ってきた後でのすみ香の発言は痛いとこついてきましたね。

 

「誰のせいとか誰のためとか・・・自分で決めたんやん。
そういう押し付けが嫌で他のコに走ったんちゃう?」

 

元彼が他の女性と一緒にいるのを見たというすみ香。

 

「彼のため」に生きようとしてフラれた有香は「出てって」としか言えませんでした。

 

でも、すみ香が元彼を一発殴っていたことがわかったときの有香の顔は清々しかった!!

 

すみ香はそういうところが素直じゃないけれど、
自分の意見をしっかり持っていて憧れるところがありますね。

 

反対に有香は何がしたいのかわからずに被害妄想意識が強くなるばかり。

 

すみ香の意見には納得だけど、有香の気持ちもわからなくありません。

 

自分もすみ香の年齢のときはもっとキラキラ生きてた気がするけれど、
年齢を重ねて仕事か結婚かなんてなってくると
無駄に他人と比べることが増えて少し弱くなってしまったのかなぁ・・・
なーんて思ってしまいました。

 

「女性としてこうあるべき」「女の幸せはこういうもの」なんて誰が決めたんでしょうね。

 

こんな話が増えてくる年齢だからこそ、
そこからズレた自分っておかしいんじゃないかって思っちゃう。

 

でも本当は女性の定義も幸せの定義も人それぞれ。

 

「おんなのいえ」は何気ない日常からそんなことを考えさせられます。

 

そして弱ったときに優しい言葉をかけてくれるのは大抵既婚者w

 

余裕がある大人の男との恋?の行方は??

 

バツイチ、バイ、浮気男などクセある男達に振り回されながら、
恋に仕事に懸命に生きていこうとする二人の姉妹。

 

友達より近いけれどときに憎たらしい、そんな女家族のドタバタ劇は見ものです!!

 

まとめ

ピンポイントな世代にはすっごくハマると思います!

 

なんだかんだ女の頭の中は忙しい。

 

こういう話を実写ドラマ化したら面白いのに。

 

でも男性は「女ってめんどくさいな〜」と思わずにはいられないかもしれませんねw

 

サイトで「おんなのいえ」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「おんなのいえ」で検索してね
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スマホマンガ.com , 2016 All Rights Reserved.