Menu
Close 

   

大奥(よしながふみ漫画)のネタバレと感想!あらすじや最終回の結末は?

 
大奥 漫画 画像

この記事を書いている人 - WRITER -

「大奥」を読みました。

 

男と女の逆転劇が面白い!

 

今回は「大奥」のあらすじや感想をまとめていきます。

 

以下ネタバレを含みますので先に無料の試し読みからどうぞ♪

サイトで「大奥」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「大奥」で検索してね

 

大奥のあらすじ

江戸時代初期、天然痘に似た症状の
「赤面疱瘡(あかづらぼうそう)」という謎の病が大流行する。

 

この疫病は男にだけかかる特徴を持ち、
恐ろしい勢いで男子の人口が減少していったー

 

それから80年、男子の人口は女子のおよそ1/4で安定し
男子は子種を持つ宝として大切に育てられた。

 

代わりに女が全ての労働力の担い手となり、婚姻制度は崩壊。

 

貧しい女たちに夫を持つなど無理な話で
彼女たちは花街で男を買って種をつけてもらい子供を産んだ。

 

婿をとることは武士階級や富裕商人、
庄屋などにのみ許された特権となってゆき、
将軍職もまた女の継ぐ所となる。

 

貧しい旗本の息子水野祐之進(みずのゆうのしん)は
想い合っていた幼なじみのお信と一緒になることもできず、
縁談の話を断り大奥に奉公する決意をした。

 

男子の少ないこの世で美男三千人を集めたと言われる
女人禁制の男の城、大奥で巻き起こる事件とは・・・?!

 

大奥のネタバレと感想

史実を絡ませた男女逆転劇場、とにかく発想が面白い。

 

最初は正直「イロモノ」漫画だと思っていました。

 

まずはこれを反省w

 

いきなり男女逆転の大奥の話を受け入れて
ドロドロの世界を見せつけられるのかと思いきや、
なぜそうならざるをえなかったのか疑問を持つ者が現れます。

 

それが8代将軍・吉宗です。

 

1巻ではなぜ女性が男性の名前で
家督を継がなければならなかったのか、
吉宗が「没日録」を辿るところで終了。

 

2巻からは時代を遡り3代将軍徳川家光の時代。

 

7巻で没日録を読み終わるので
そこでやっと1巻とストーリーが綱がる設定です。

 

本当に素晴らしいと思うのは
ストーリーが歴史に合わせて自然に進んでいくということ。

 

これは作者・よしながふみ先生の力量だと思います。

 

話の軸がブレることなく進んでいくものだから
「もしも〜だったら」という設定のはずなのに
「本当にそうだったのかもしれない!」と感じてしまう。

 

そして男女逆転の歴史の謎を紐解きつつ
大奥独特の雰囲気も忘れない細やかな設定には脱帽です。

 

己の栄華を極めるための策略や嫉妬など
男女が入れ替わっても変わらず描かれているので
本来の大奥が好きな方にも楽しめる作品だと思います。

 

歴史物らしく文字数が多いので
読み込むのに時間はかかりますが、
理解してしまえば先の展開が
気になるように引き込まれてしまいます。

 

赤面疱瘡の謎も解け、時代は幕末へ。

 

現在13巻まで発売されていて最新刊14巻は2017年・・・

 

待ち遠しいですがそれまでに再熟読したいと思います!

 

まとめ

ありえない話が本当のように感じるから面白い!

 

歴史モノが好きな方には是非オススメしたい漫画です!

 

サイトで「大奥」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「大奥」で検索してね
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スマホマンガ.com , 2016 All Rights Reserved.