Menu
Close 

      2016/05/15

青空エール(漫画)のネタバレと感想!映画化で話題!あらすじを紹介

 
青空エール 画像

この記事を書いている人 - WRITER -

2016年8月20日、映画「青空エール」が公開されます。

河原和音さんの作品は「高校デビュー」を読んで好きになり
その後「青空エール」を読みました。

 

主演は土屋太鳳さんと竹内涼真さん。

竹内さんのイメージが漫画と違う気がしますが、
青春ラブストーリーにキュンキュンすること間違い無しw

 

今回は青空エールのあらすじや感想をまとめていきます。

 

以下ネタバレを含みますので先に無料の試し読みからどうぞ♪

サイトで「青空エール」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「青空エール」で検索してね

 

青空エールのあらすじ

いつも下を向いて足元ばかりを見てきた小野つばさは
吹奏楽と野球の名門・白翔高校に入学する。

 

小学生の頃にテレビで観た、甲子園のアルプススタンドで演奏するブラスバンドの姿。

その光景が忘れられず、自分もあの場所に行きたいと強く思ったつばさ。

 

しかし名門高校の吹奏楽部は体育会系並みの部活で
初心者のつばさにとっては過酷な日々の幕開けだった。

 

甲子園を目指して野球部に入部した山田大介に励まされ、
一緒に甲子園へ行くという夢を持った二人。

 

次第に山田に惹かれていくつばさだったが、二人の恋はすれ違ってばかり。

 

高校生活の全てを部活に捧げる熱い思いが描かれるー

 

青空エールのネタバレと感想

入部の条件として風船を膨らませるよう言われたつばさですが
体力不足で全くできません。

初心者というだけで出遅れているのにと顧問の先生にも厳しく言われ
自分には無理かもしれないと諦めかけてしまいます。

 

私も学生時代は吹奏楽に明け暮れていましたが、意外と体力いるんですよね。
風船を膨らませられないとアウト、その通りです。

 

でもそんなときに登場するのが山田くん。

 

小野が信じられなくても俺は信じる。
小野は俺と甲子園に行く。

 

もう完全に二人の世界ですw

 

悩むたびに山田に背中を押されつばさは立ち上がります。

 

いつもつばさが不安げなところに登場するので、
こんな人いたら絶対好きになると思います。

山田、良いやつすぎ!!

 

互いに思い合っているけれど、
それぞれの目標を優先する真面目さが二人をギクシャクさせることも。

 

思っていることを伝える優しさと伝えない優しさ、
客観的に見るともどかしいけれど、共感できる人も多いかもしれません。

 

そして、不器用なつばさの一生懸命さに励まされるはずです。

 

まとめ

目指せ甲子園!ですがメインは二人の恋模様と吹奏楽の話です。

 

吹奏楽をやったことがある人なら尚更共感できる「吹奏楽あるある」。

名門ならではの歴史やルール、プライド、上下関係に悩まされることもあるけれど、
それもみんな頂上を目指しているから。

 

現在進行形で吹奏楽部の人は必読漫画ですよ!

 

また、ドロドロなく純粋な恋愛でキュンキュンしたい方にもオススメです♪

 

サイトで「青空エール」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「青空エール」で検索してね
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スマホマンガ.com , 2016 All Rights Reserved.