Menu
Close 

      2016/04/12

ふつつか者の兄ですがのネタバレと感想!あらすじと無料試し読みも!

 
ふつつか者の兄ですが 画像

この記事を書いている人 - WRITER -

もしも引きこもりの家族がいたら、
それって人には言えないことなんでしょうか?

 

「ふつつか者の兄ですが」を読みました。

 

4年間開かなかった扉が突然開いた?!

 

今回は「ふつつか者の兄ですが」のあらすじや感想をまとめていきます。

 

以下ネタバレを含みますので先に無料の試し読みからどうぞ♪

サイトで「ふつつか者の兄ですが」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「ふつつか者の兄ですが」で検索してね

 

ふつつか者の兄ですがのあらすじ

田処志乃(たどころしの)は恋に友情に大忙しの女子高生。

 

1年前から父子家庭となり
バイトをしながらも家事をこなす生活を送っていた。

 

そんな境遇に弱音を吐くことなく明るく過ごす志乃だが、
一つだけ人には言えない悩みがある。

 

それは4年間引きこもりの兄・保(たもつ)がいるということ。

 

兄の存在を頑なに隠し、
親しい友達にも自分は一人っ子だと偽ってきた志乃。

 

そんなある日、兄が
「脱・引きこもり宣言」をして部屋から出てきてしまい・・・

 

ふつつか者の兄ですがのネタバレと感想

引きこもりの兄の存在をカミングアウトできる妹は
果たして全国にどれくらいいるんだろう?

そしてその妹の気持ちを察することのできる
引きこもりの兄はどれくらい・・・?

 

兄・保のモデルは作者のお兄さんなんだそうです。

 

志乃は兄が行くのをやめた中学に入学したことで
そこで居心地の悪い3年間を過ごします。

 

高校進学のタイミングで引越しをすることになり
兄の存在を隠すことにした志乃。

 

それで周りには「一人っ子」と言っていたんですね。

 

今の生活環境から抜け出すために
志乃はバイトでお金を貯めていました。

 

そんなある日、突然兄が部屋から
出てきたものだから志乃も父親もびっくり。

 

4年間引きこもっていたのに
家事を手伝うようになります。

 

志乃のお弁当を作るなど
今までとは違った行動が読めずに不安になる志乃。

 

ですがそのお弁当の中には
志乃が子供の頃に母親におねだりしていた
「ウサギりんご」が入っていました。

 

兄が引きこもりになる前の
幼い記憶を覚えてくれていたことが
嬉しかった(だろう)志乃ですが、
ここ4年間の出来事のせいで
「ありがとう」が素直に言えません。

 

その後も志乃におせっかいをやく兄のせいで
友達の一人に存在がバレてしまい
とうとう志乃はブチ切れます。

 

感情をぶつける志乃に対して
兄の保も自分の気持ちをぶつけました。

 

4年間でだいぶすれ違ってしまった家族。

 

でもこのことをきっかけに
志乃は兄の社会復帰を少しずつ手伝うようになっていきます。

 

いろんなトラブルがありますが、
なんだかんだやっぱり家族なんだなって
ほっこりしちゃう物語です。

 

保は保なりに志乃のことを気遣っているんですが、
4年間のブランクがあってのいきなりだから
志乃にとっては最初は迷惑なことだらけ。

 

優しくされているとわかっているのに
素直に兄の気持ちを受け入れられない自分に
腹が立ってしまう志乃の気持ちが痛いほど伝わってきます。

 

そして家庭だけでなく
学校やバイト先で起こる様々な出来事は
先が気になることだらけ。

 

志乃の恋、そして保の恋?は実るのか?!

 

まとめ

「ふつつか者の兄ですが」っていうのは
複雑な志乃の感情がとてもよく表れているタイトル。

 

この先の二人の成長が楽しみな漫画です。

 

サイトで「ふつつか者の兄ですが」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「ふつつか者の兄ですが」で検索してね
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スマホマンガ.com , 2016 All Rights Reserved.