Menu
Close 

   

ファイアパンチのネタバレと感想を無料試し読みで紹介!アニメ化希望!

 
ファイアパンチ_1

この記事を書いている人 - WRITER -

もし、 あなたの大切な人が
空腹で今にも倒れそうなら
アナタは自分の手足を切って
その人に与えることができますか?

 

アンパンマンの話じゃないですよ?

 

今回ご紹介する漫画「ファイアパンチ」は
そんな自己犠牲の塊のような
主人公が登場するのです。

 

以下ネタバレを含みますので
先に無料の試し読みからどうぞ♪

サイトで「ファイアパンチ」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「ファイアパンチ」で検索してね

 

あらすじ

生まれながら奇跡を使える人間を
「祝福者」と読んだ。

 

「氷の魔女」と呼ばれる
祝福者によってその世界は
「雪」と「飢餓」と「狂気」に覆われた。

 

なかなか厳しい世界観ですよね。

 

「氷の魔女」が極寒の世界にしたために
植物は殆ど成長しませんし、
そのため動物も減少する一方。

 

弱い者がからどんどん死んでいく。

 

そんな世界で何とか生き延びていた
兄妹にふりかかる不幸から
この物語は始まります。

 

 

主な登場人物

アグニ

ファイアパンチ_1

彼は「再生」の能力を持つ「祝福者」です。

彼の住む村は、
もう食料がありませんでした。

なので彼は自らの腕を何度も切り落とし
村人へ分けていたのです。

「再生」の能力があったとしても
痛みが無いわけではありません。

きっと想像を絶する痛みでしょう。

でも村人のために彼は進んで
提供していたのです。

カニバリズム、いわゆる共食いは
人によっては受け入れられない話でしょうね。

私はその行為について
肯定も否定もしません。

だって、飢えて死ぬという
状態になったら自分がどのような
行為に及ぶかなんてその時になって
みないとわからないですからね。

ただ、村人のためにした
彼の行動は凄いと思います。

 

ルナ

ファイアパンチ_1

アグニの妹で「再生」の「祝福者」です。

でも、アグニほどの力はないので
傷の治りも遅いのです。

1話で殺されます!

それほどのネタバレではないので書きました。

理由は、この物語が復讐劇だからです!

 

ドマ

ファイアパンチ_1

ルナを殺した「祝福者」です。

彼の能力は「炎」!

その炎は対象物が燃え尽きるまで
消えないという、スグレモノ。

水をかけても消えません!

そうです、その「炎」が

村を! ルナを!

燃やし尽くしたのです……

ただし、例外が一人いました。

「再生」の能力を持つアグニです。

肉が塵になると同時に再生し
その肉は再び燃え始める。

そう、タイトルの「ファイア」は、
復讐の炎に燃えるアグニだったのです!

冗談じゃないですよ、
本当に燃えているのですから。

 

サイトで「ファイアパンチ」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「ファイアパンチ」で検索してね

 

ネタバレと感想

アグニは、焼失と済生を繰り返し、
まともに歩けるようになるまで8年かかりました。

 

よく精神が病まなかったなと関心しますね。

 

そこから彼の復讐劇が始まります。

 

炎が消えないので服が着れません。

 

よって彼は全裸です!

 

まあ、漫画ではアソコは
書いてませんから安心してください。

 

全裸で吹雪の中を歩いています。

 

赤と白のコントラストは、
アニメ化したら、さぞ綺麗なんだろうなと
不謹慎ながら思います。

 

ここまでで一話のストーリーです。

 

なかなか濃いと思いませんでしたか?

 

本筋はここからです。

 

アグニの追うドマはベヘムドルグ
という組織にいるらしいのですが、
その町では人間を「薪」にしているのです。

 

例えばアグニなどは再生の能力なので
切り離した手足は文字通り「薪」になります。

 

「発電」の能力を持つ「祝福者」は
町を照らす電気の「薪」に、
女性は子供を生むだけの「薪」。

 

他にも様々な「薪」が
その町で奴隷となっています。

 

もうね、世界観が酷い。

 

カニバリズムだったり、奴隷だったり……

 

生きるために必死なのはわかりますが、
もう完全に世紀末ですね。

 

旅の途中、アグニの前に
一人の女性が現れます。

 

その顔は亡くなったルナに瓜二つ。

 

でもその女性は彼の追う
ベヘムドルグの一員なのです!

 

憎悪から彼女を殺すのか!

 

それともルナを思い出して手を出さないのか!

 

それは本編を読んで確認してください。

 

似てない?

某、世紀末の話と似ていると
思った人もいるかもしれません。

 

少なくとも私はその一人です。

 

・最愛の者を失う。

・復讐を誓う。

・瓜二つの人間が登場する。

・世界の覇者がいる。

・旅の途中で子供がついてくる。

 

その話と同じですが、アグニも
世界を救おうと思って行動していません。

 

でも、ゆく先々で悪の一味と遭遇し
結果的に退治して感謝される。

 

しまいには「アグニ様」と
呼ばれるまでに成長します。

 

話が似ているのが
悪いと言っているわけじゃないですよ。

 

私が言いたいのは
熱くなれる「王道」だと言いたいのです!

 

コンセプトが似ていても
それをどう料理するのかが
漫画家の腕だと思います。

 

その点、この作者は優れていると思いますよ。

 

それは、途中から登場する「トガタ」が
いい意味で登場人物たちをかき回し
話を動かすからです。

 

単純な復讐劇で終わらない。

 

最新巻では世界の構築
なんて話にもなってます。

 

さて、「アグニ様」対「氷の魔女」、
どのような結末が待っているか
先が楽しみでなりません!

 

サイトで「ファイアパンチ」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「ファイアパンチ」で検索してね
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スマホマンガ.com , 2017 All Rights Reserved.