Menu
Close 

   

僕たちがやりました最終回9巻のネタバレや感想は?無料試し読みで紹介!

 
僕たちがやりました_9巻

この記事を書いている人 - WRITER -

もし、アナタが犯罪者になってしまったら?

 

どうやって生活しますか?

 

良心の呵責は?

 

そんな「もしも」を疑似体験できるのが、
今回紹介する「僕たちがやりました」です。

 

以下ネタバレを含みますので
先に無料の試し読みからどうぞ♪

 

サイトで「僕たちがやりました」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「僕たちがやりました」で検索してね

 

あらすじ

主人公たちの通う普通な高校の前には、
偏差値の低い連中が集まる高校が立っています。

 

いやいや、普通に考えたら高校が
並列してるなんておかしいでしょう。

 

でも、ソコは物語上仕方ない。

 

見るからに悪な連中(不良グループ)は
主人公たちの高校の生徒にも絡んで
嫌がらせをしてきます。

 

そんな奴らが鬱陶しい主人公らは、
奴らの高校に花火をしかけて
驚かそうと画策します。

 

しかし!

 

ガスに引火し大爆発!

 

そこにいた不良グループは
爆発に巻き込まれ死傷者多数……

 

逮捕を恐れた彼らは逃亡生活を始めるのでした。

 

 

主な登場人物

主人公グループは
同級生の3人と、OBの1人です。

増淵トビオ

僕たちがやりました_1巻

メイン主人公です。

友達の彼女で童貞を捨てる屑です!

しかし、事件で死傷した連中のことで
一番心が揺れ動いた奴でもあります。

完全な悪になりきれない、
いたって普通の青年ですから
心理描写が濃く
共感できるキャラになってます。

 

伊佐美 翔

僕たちがやりました_5巻

グループの中で言えば、
一番まともかもしれない。

それゆえ、影が薄いです。

トビオにやられちゃった恋人がいます。

 

丸山友貴(マル)

僕たちがやりました_1巻

一番の屑です。

パイセンからもらった大金を
あっという間に豪遊(風俗)して溶かし
伊佐美の金を横取りしようとします。

普通の漫画ならどことなく可愛い面があって
憎めないキャラだなーとか思えるのですが
コイツは根っからの屑です。

 

パイセン

僕たちがやりました_1巻

主人公グループの通う高校のOBで、
なぜか大金を持っている謎の人物です。

事件の後、彼らに逃亡資金として
300万ずつ渡したり、
その後も何度も大金を何度も出します。

コイツが主人公と言っていいかもしれない
濃いキャラで、物語の中心人物です。

 

市橋

不良グループのリーダー。

事件で下半身が動かず
車いすの生活になります。

弱肉強食の不良グループですから、
牙を失った獣は虐げられます。

まあ、見た目は悪ですが被害者です。

そして、彼の身に救われない事がおこります。

それはトビオの心に深い傷を残しました……。

「ざまぁ」と思うか「可愛そう」と思うか、
きっと意見が分かれると思います。

私は彼のエピソードが
物語のターニングポイントと思っています。

どんな話しかは実際読んだほうがいいと
思うので伏せますね。

 

サイトで「僕たちがやりました」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「僕たちがやりました」で検索してね

 

ネタバレと感想

最新9巻で完結しました。

 

率直な意見として、
とても先が気になる漫画でした。

 

メインとなる逃亡の結末が
どうなるかはもちろんのこと、
パイセンの正体や、
トビオと彼女の行く末など
気になる点が多く含まれているのも
眼が離せませんでしたね。

 

8巻では自首しようという流れになり、
留置場ENDかと思っていたのに、
パイセンの素性が明らかになると
話しは一転まさかの
ストリートパフォーマンス。

 

やられた!と思いましたね。

 

素性は伏せますね。

 

そして9巻では、
パフォーマンスの結果が……

 

私的にはナシでしたね。

 

あれだけの事をやったのに、まさか!です。

 

何をしたのかも伏せますね、
コレは読んだほうが断然面白い内容ですから。

 

そして彼らの10年後の話しになります。

 

高校を卒業して10年ですから、
一番の働き盛り、
平穏に?彼らも働いています。

 

そして一番マトモな
伊佐美は家庭を築いていました。

 

マルは怪しいキャッチセースルの勧誘。

 

ホントこいつだけは屑ですわ。

 

トビオは売れないアイドルのマネージャー
忙しく働きながらも
彼は、事件の事を忘れていません。

 

人を殺した自分が幸せになっていいのかと
自問自答を繰り返します。

 

この物語の中で
一番好きな話しの流れでした。

 

やっぱり事件をおこして
何もナシでは味気ないです。

 

被害者を忘れないのが一番の
罪滅ぼしだと個人的には思いますね。

 

そして、10年ぶりのパイセンとの再会。

 

彼らは自分の思いを吐露して……

 

ネタバレになりますが、感動の第円団!

 

ではありません。

 

むしろ、読者によっては物足りないと
感じるかもしれません。

 

でも、私は好きです。

 

人生、そんなに感動的な出来事が
何度もおきないですよね。

 

彼らの結末も同じように
普通の人生の1ページです。

 

彼らがどのような幕引きを選んだか
ぜひ読んで確かめてください!

 

まとめ

完結まで読んで、私としては
一度は読んで損はない作品だと思います。

 

全体を通してギャグ風なタッチですから
イマイチリアリティーに欠けると
思う人も多いでしょう。

 

でも、リアル逃亡ストーリーでは今の時代
受けないでしょうから私はアリだと思います。

 

やっぱり漫画は面白くてナンボですからね。

 

鬱々とした展開が少なくさらりと読めるのも
この漫画の良いポイントだと思いますので、
ぜひ皆さんも軽い気持ちで
犯罪者の彼らがどうなるか確かめてください。

 

最後に、

 

プロパンガスのボンベ近くで
火を使うのは止めましょう!!

 

サイトで「僕たちがやりました」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「僕たちがやりました」で検索してね
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スマホマンガ.com , 2017 All Rights Reserved.