Menu
Close 

   

ダイヤのA act2最新刊6巻のネタバレと感想!青道の背番号が白紙に!

 
ダイヤのA_act2_6巻

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!

 

春季大会準決勝で敗れた青道高校。

 

夏の本選を前に、
片岡監督は一軍選手の背番号をいったん白紙に戻します。

 

エースの背番号「1」を背負うのは、降谷か栄純か?!

 

春にベンチ入りできなかった選手たちも、
背番号争いに加わってきます。

 

今回はダイヤのA Act2 6巻をご紹介します!

 

以下ネタバレを含みますので先に無料の試し読みからどうぞ♪

サイトで「ダイヤのA Act2」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「ダイヤのA Act2」で検索してね

ダイヤのA Act2 6巻のあらすじ

春季大会準決勝の第二試合は、稲城実業と帝東がぶつかります。

 

両チームのエース、
成宮鳴と向井太陽の投手戦になりますが、やはり力量は成宮が上。

 

帝東は打線が援護できず、稲実が決勝に進みます。

 

関東大会出場が決まっている決勝では、
市大三高も稲実もエース温存で試合開始。

 

最終的にはエース成宮をマウンドに送った稲実が優勝します。

 

一方青道では、夏の本選を前に一軍メンバーの背番号が白紙に戻され、
ベンチ入りを狙う選手たちの目の色が変わります。

 

戦力になりそうな選手を選ぶために行われる、
主力以外の2、3年vs1年の紅白戦。

 

二軍入り、あわよくば一軍ベンチ入りも目指す1年生に対し、
1年に譲る席なんてひとつもないと立ちはだかる上級生。

 

この紅白試合で一軍に上がる選手は、出てくるのでしょうか?!

 

そして1年らしからぬクールガイ奥村。

 

彼がどこか冷めた態度を取る理由も明らかになります。

 

 

ダイヤのA Act2 6巻のネタバレと感想

稲実の成宮、帝東の向井、
市大三高の天久とオレ様タイプのピッチャー多いですね!

 

自分に自信があって、そしてそれを貫き通す。

 

生意気でワガママと言われるタイプです。

 

それに比べて青道は、
卒業した部員を含めても「オレ様」はいないなあと気づきました。

 

傑出した才能が引っ張っていくチームではないんですね。

 

もちろん一人一人に力はあるけど、
支え合い助け合っていくチームなんだなあ。

 

そんな青道の中心となる御幸は、
準決勝での栄純の成長に目を瞠ります。

 

そして一緒に野球ができるのは、
あと三ヶ月しかないことにあらためて気づきます。

 

高校野球って、実質は2年半しかないんですよね。

 

3年になったら、夏なんてあっという間です。

 

独り隠れてバットを振る御幸は、ちょっとカッコイイのでした。

 

そして私の推しメン、ナベこと渡辺久志。

 

チームのためにデータ収集・分析と黒子に徹する彼が大好きです。

 

チームとして強くあるためには、厚い選手層がどうしても必要なもの。

 

でも試合に出られない、
ベンチにも入れない3年生がどうしても出てしまいます。

 

それは分かり切ったことなのだけれど。

 

大好きな野球をやりたくて青道に入ったのに、
試合には出られないって本当に辛いですよね。

 

しかも紅白戦にも出してもらえない「戦力外」。

 

そんな辛さを押し殺すのではなく、
丸ごと呑み込んでチームのために役立とうとしているナベ。

 

御幸が信頼を置くのも分かります。

 

そんな紅白戦にも出られない3年生のためにも、
1年なんかに負けてはいられない!

 

紅白戦でボコボコにされる1年生チームですが、
それは当たりまえですよね。

 

1年生チームは途中でバッテリーが交代して、
キャッチャー奥村とピッチャー浅田になります。

 

まさか自分が投げるとは思っていなかった浅田はビビります。

 

いやこれ、私も思ってませんでした!

 

浅田くんの顔、二本線の間に丸が描いてあるだけの目なんですけど!

 

まるっきりモブ顔なんですけど!

 

ピッチャー志望ではあったけれど、
ホントに投げるとは全然思ってなかったですよ!

 

ちゃんと投げられるのか心配です〜!

 

まとめ

上級生vs1年生の紅白戦。

 

一方的な試合になると思いきや、
キャッチャー奥村は何かやってくれそうな気配です。

 

身長だけはあるけどひょろひょろの浅田くん。

 

奥村のリードで、上級生に目にモノを見せることが出来るのでしょうか?

 

栄純じゃないけど、心配で目が離せません!

 

早く次巻が読みたいです!

 

「ダイヤのA Act2」を無料で&続きを安く読む方法

「ダイヤのA Act2」はBookLive(ブックライブ)で無料試し読みできます♪

 

会員登録(無料)をすれば毎日更新される無料作品を9,000冊以上も読めるので、
いろんな作品を楽しみたい方にもオススメです。

 

 

漫画の他にもラノベや小説・文芸、ビジネスや実用書、
雑誌や写真集まで読めるので、スマホやタブレットで持ち歩ける本屋さんのよう♪

 

また、会員登録時に初回50%オフクーポンがついてくるので
続きが気になる作品は半額で購入できてとってもお得!

 

それに加えて楽しみなのは毎日できるクーポンガチャ

 

だいたい15〜50%オフのクーポン
どれが出てくるかはガチャしてからのお楽しみ♪

 

会員登録後もシークレットクーポンプレゼントなど
定期的なキャンペーンが行われているので、
BookLiveの便利さを知ると書籍を定価で購入できなくなりますよ!(笑)

 

加えてTポイントも貯まります♪

 

まずは無料の会員登録で、無料試し読みから楽しんでみてくださいね。

 

BookLiveで無料試し読みしてみる(サイトで作品名を検索)↓↓↓

 

その他こちらのサイトではeBookJapan(イーブックジャパン)
まんが王国などの電子書籍サイトも紹介しています。

 

が、個人的にオールジャンルを無料or安く楽しむなら、
断然BookLiveがオススメです。

 

eBookJapanとは僅差で迷ったんですが、
これは使ってみてわかる好みかなぁと思います。

 

レア本・入手困難本を読みたい方や
一気にまとめ買いをする場合はeBookJapanの方が良いかも。

 

どちらも品揃えが豊富で正直迷うと思いますが、
会員登録は無料なのでまずは試し読みから利用してみてください。

 

eBookJapan(イーブックジャパン)で無料試し読みしてみる(サイトで作品名を検索)↓↓↓

 

まんが王国(スマホ向け)は月額なので、
漫画だけを月額で安く楽しみたい方、
ポイント利用で1話ずつ楽しみたい方にオススメ。

 

また、まんが王国でしか読めない作品があるのも魅力的です。

 

これは長くなるので別で紹介したいと思います(笑)

 

なんだかんだ全サイトを利用している管理人ですが、
それぞれ特徴があるので作品に合わせて利用しています。

 

電子書籍は使い出すとほんっと〜〜〜に便利!

 

ですが紙の本も大好きです。

 

というわけで、まずは電子書籍で試し読みをしてみて、
気に入って手元に残しておきたい本のみ書店で購入するのがオススメですよ♪

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スマホマンガ.com , 2017 All Rights Reserved.