Menu
Close 

      2017/06/16

宇宙を駆けるよだかのネタバレと感想!最終回の結末はどうなる?

 
%e5%ae%87%e5%ae%99%e3%82%92%e9%a7%86%e3%81%91%e3%82%8b%e3%82%88%e3%81%a0%e3%81%8b_1

この記事を書いている人 - WRITER -

顔と中身、選ぶならどっち??

 

「宇宙を駆けるよだか」を読みました。

 

体が入れ替わったことで知ってしまう
あるクラスメイトの悲しい現実・・・

 

今回は「宇宙を駆けるよだか」のあらすじや感想をまとめていきます。

 

サイトに移動したら「宇宙を駆けるよだか」で検索してね

 

宇宙を駆けるよだかのあらすじ

高校1年生の小日向あゆみは、大好きな
幼馴染の水元公史郎(しろちゃん)に告白され付き合うことに。

 

初めてのデートは赤月の日。

 

あゆみが住む赤月町の地形と光の反射による錯覚から
真昼に赤い月が浮かぶ不思議な日とあって
観光客で賑わっていた日、事件は起こる。

 

しろちゃんと待ち合わせの直前、
クラスメイトの海根然子(うみねぜんこ)から
「今から死ぬから上を見て」と突然電話がかかってくる。

 

赤い月と海根さんが重なったのが見えた瞬間
彼女は飛び降りあゆみは気を失ってしまった。

 

そして目が覚めたとき、
体が海根さんと入れ替わっていた!!

 

学校へ行くと平然とした顔であゆみとして振舞う海根さんがいた。

 

何も知らないしろちゃん、
わかってくれない家族や友達。

 

海根然子として生きていかなければならないあゆみ。

 

どうやったら元の体に戻れるの?!

 

婚前ブラック契約  

 

「婚前ブラック契約~OLは若頭仕込み~」のネタバレはコチラ

 

宇宙を駆けるよだかのネタバレと感想

「ずっと小日向さんになりたかったんだもん。
今まで散々幸せな人生送ってきたんだから
ちょっとは苦しみなよ」

 

あゆみの顔した海根さん、怖いwww

 

可愛くて性格も良くて人気者のあゆみとは正反対に
太っていてニキビだらけの顔で根暗な海根さん。

 

海根さんはあゆみになりたかった理由を
「しろちゃん」と言いました。

 

あゆみは海根さんになってみてわかった
彼女の気持ちを理解しつつ、
元の体としろちゃんを取り戻す術を考えます。

 

誰にも理解されずにあゆみは孤独で苦しんでいましたが、
ただ一人、あゆみのことが好きだった火賀俊平(かがしゅんぺい)が
二人が入れ替わっていることに気づくのです。

 

火賀のサポートのおかげで元気を取り戻すあゆみ。

 

そしてしろちゃんにもことの真相がバレるのですが、
彼はそのことを知りながらあゆみの顔をした海根さんと付き合うと言います。

 

あゆみの顔が好きだから、と。

はぁ?!なんだこの男は!!!ってかなりムカついた瞬間でしたw

 

しまいには自分は今まで火賀に勝てなかったから
火賀と入れ替わりたいと言い出し、
その方法を海根さんから聞き出そうとします。

 

でもこれにもいろいろ理由があって・・・

 

元に戻る方法を模索しているときに現れた
入れ替わり経験者の宇金真緒(うこんまお)。

 

赤月の日になりたい相手の目の前で自殺すれば体は入れ替わるが、
元に戻れずに死んだ人がいるという話を聞いてショックを受けるあゆみ。

 

そんなあゆみに
どんな姿でもあゆみのことが好きだと伝える火賀。

 

そこに現れてあゆみの手を引くしろちゃん。

 

最終的にあゆみは元の姿に戻ることができるんですが、
しろちゃんと火賀が入れ替わるなど
状況はどんどん複雑になっていきます。

 

あゆみを想う火賀の気持ちとしろちゃんの気持ち。

 

途中までかなりやな男役のしろちゃんですが、
やっぱりあゆみのことが好きなんですね。

 

そして元に戻ったあゆみは
火賀の気持ちを知ってしまったから
しろちゃんとも火賀とも付き合えないと言います。

 

でも、火賀はあゆみに素直になれと背中を押し
しろちゃんへの気持ちを再確認させ
二人は抱き合いハッピーエンドとなるのでした。

 

泣けるぜ火賀・・・。

 

 

まとめ

火賀がいいやつすぎて、
ハッピーエンドでも読者的には辛いですw

 

顔と中身ならどっちを選ぶ?って会話よくあると思うんですが、
実際にこんなことが起こってしまったら
本当に同じ気持ちでいられるんでしょうか?

 

このマンガがすごい!2016・オンナ編5位にランクインした
「宇宙を駆けるよだか」。

 

これは読んでみる価値ありますよ!!

 

サイトに移動したら「宇宙を駆けるよだか」で検索してね
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スマホマンガ.com , 2016 All Rights Reserved.