Menu
Close 

   

わたしは真夜中3巻のネタバレと感想!あらすじと最終回の結末は?

 
%e3%82%8f%e3%81%9f%e3%81%97%e3%81%af%e7%9c%9f%e5%a4%9c%e4%b8%ad__3_

この記事を書いている人 - WRITER -

最近どハマりした漫画、「わたしは真夜中」。

 

3巻完結で、恋に臆病になっている方には
とてもオススメしたい作品です。

 

結婚を考えるくらいの年齢の方や、
一度失敗経験がある方はきっと通じるところがあると思います。

 

今回は「わたしは真夜中」3巻のあらすじや感想をまとめていきます。

 

以下ネタバレを含みますので先に無料の試し読みからどうぞ♪

サイトで「わたしは真夜中」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「わたしは真夜中」で検索してね

 

わたしは真夜中3巻のあらすじ

主人公はバツイチ・子持ちの31歳、夜野とばり。

 

図書館司書のとばりは、
不眠症に悩んでいた19歳・池端太一とついに恋人同士となりました。

 

しかし、会うのは相変わらず木曜日ばかり。

 

二人は一週間に一度、互いを求めあっていました。

 

そんな生活を繰り返している中
池端はある問題に直面していたのですが、
そのことをとばりに言い出せません。

 

そして、とばりは池端の変化に気づいているものの、
踏み込む勇気がなくそのままにしていたのでした。

 

とばりはとばりで、元夫の日暮久志や
聖と過ごす時間が増えていたのです。

 

そんなある日、聖がいなくなったという連絡を受けて・・・!?

 

婚前ブラック契約  
 

わたしは真夜中3巻のネタバレと感想

3巻では聖の成長を感じましたね。

 

そして子供らしく戻ろうとする姿もとても愛おしかったです。

 

聖はとばりと久志の離婚の原因を知っていました。

 

だからあれだけ捻くれたようにこだわっていたのね・・・

 

ササキキララちゃんと一緒にいなくなった聖ですが、
ちゃんと家に戻ってきます。

 

そして心配して聖を抱きしめたとばりに言うんです。

 

「お父さん、お母さん、ぼくまた3人で暮らしたい」

 

ドキッとさせられましたね。

 

せっかくとばりが池端とうまくいっている(?)のに、
夫ではなく子供の方から一緒に暮らしたいと言われるなんて。

 

しかも、3人の時間がどんどん増えていっているんです。

 

そして今まで以上に仲の良い、
本当の家族を感じられるようになっていました。

 

この家庭を見た後に池端と一緒に過ごすとばりを見ると、
どちらも手放したくないと思ってしまいます。
(私は当事者じゃないのにw)

 

とばりは池端との幸せな時間を怖く感じていました。

 

あなたが夜眠ることが上手くできなかったように、
私にも上手くできないことがたくさんあるーーー

 

とばりの心の声はとても刺さります。

 

心で思っていても言葉にできないとばりの不器用さに自分を重ねて
この漫画にハマってしまったのかもしれません。

 

そして池端のとばりに対する純粋無垢な笑顔が、
また癒しなんですよねーw

 

アラサーになると年下に惹かれる原因はこれか?w

 

さてさて、漫画の話に戻ります。

 

笑顔で話しながら、過去感じたトラウマを拭いきれないとばり。

 

一方、池端も自分のことで悩んでいました。

 

二人とも、なかなか言い出さないから静かにこじれていくんです。

 

「オレのだよね?とばりさんは」と抱きつく池端。

 

余裕のなさを感じます。

 

でもとばりは彼の変化に気づいていながら
その話を聞いてあげられないんです。

 

3巻では、「若き池端青年の迷い」が描かれています。

 

池端がなぜ眠れなくなってしまったのか、
何に悩んでいるのか。

 

そしてその後出した決断はとばりとの別れでした。

 

これがまた、笑顔で言うんです。

 

「もうとばりさんがいなくても大丈夫です」って。

 

この辺り、すれ違う二人を見ているのが苦しいです。

 

とばりがせっかく池端への恋心を自覚したときだったんです。

 

というか、失恋して初めて
自分がどれだけ池端のことを愛していたのか気づきます。

 

「今度は私が眠れなくなっちゃった」

 

私も思わず泣いちゃいました。

 

帰ってきて、池端くん、と。

 

でも、とばりが自分の気持ちを言えるまで
すごく時間がかかりました。

 

トラウマのきっかけになった先輩に再会したり、
元夫の久志から背中を押されたり。

 

久志は本当はとばりのことが昔から大好きだったんですよね。

 

浮気をしたのも、とばりの気持ちを確かめたかったから。

 

なのにとばりがあんなこと言っちゃうから・・・

 

どっちも素直じゃなかったんです。

 

でも、池端と恋愛をしてとばりは変わっていきます。

 

その変化はとばりの周りにもたくさんの変化をもたらしました。

 

本当に、この作品の誰もが愛おしくなります。

 

もっと続きを読みたかったけれど、
3巻で終わらせるくらいが丁度よかったのかな。

 

とばりは眠れるようになったのか、
結末は是非漫画を読んでみてください。

 

ここはケチるところではなく、大人買いするところですw

 

まとめ

大人の不器用な恋愛が描かれていて、
年齢的にどストライクな作品でした。

 

そして年下男子に惹かれましたw

 

3巻、最後に「トマト」の話も収録されています。

 

これもまた良い話でしたよ。

 

作中でてくる「トマト」の疑問が解決してスッキリです♪

 

サイトで「わたしは真夜中」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「わたしは真夜中」で検索してね
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スマホマンガ.com , 2016 All Rights Reserved.