Menu
Close 

   

3月のライオン最新刊12巻のネタバレと感想!最終回の結末はどうなる?

 
3%e6%9c%88%e3%81%ae%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%80%8012%e5%b7%bb

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!

 

将棋と共に桐山少年が成長していくマンガ「3月のライオン」。

 

ほのぼのな川本家の場面だけでなく、
張り詰めた将棋の場面にも独特のユーモアを忘れない羽海野チカさんのマンガです。

 

今回は「3月のライオン」12巻のあらすじとネタバレ感想です。

 

以下ネタバレを含みますので先に無料の試し読みからどうぞ♪

サイトで「3月のライオン」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「3月のライオン」で検索してね

 

「3月のライオン」12巻のあらすじ

藤本雷堂の地元鹿児島での棋竜戦。迎えるは土橋九段。

 

その会場で、雷堂の別居中の妻・娘とキャバクラ愛人がまさかの遭遇!

 

棋竜戦も角番!私生活も角番!な雷堂さんはどうなる?!

 

そして鹿児島から戻った桐山は滑川七段との順位戦に挑みます。

 

相手を研究して臨んだ順位戦。

 

「振り飛車」で来ると読んでいた桐山でしたが、滑川が指したのは「筋違い角」。

 

戸惑ったのは最初だけ、桐山はそれを真っ向から受けてたちます。

 

勝つのはどちらか?

 

三月町の夏祭り、三日月堂の屋台には今年も白玉が並びます。

 

そこで起こったハプニング!

 

あかりに恋の予感……??

 

婚前ブラック契約  
 

「3月のライオン」12巻のネタバレと感想

待ってましたの雷堂さん薩摩編!

 

朝から木刀を振り、暑苦しく燃える漢!雷堂!薩摩弁もイイ!

 

別居中の妻・娘とキャバクラ愛人が会場に集まってしまい、追いつめられる雷堂さんです。

 

まぁ、自業自得なんですけどね……。

 

奥様は想像していたよりずっとステキな女性でした。

 

結婚生活はもっと破たんしているのかと思ってましたが、
奥様の手の上で踊っているだけでした。

 

棋竜戦、雷堂渾身の一手をサクッと受けた上に、
予想の斜め上をいっちゃう土橋さん。

 

一見地味目な風貌の彼、実は「面白い方に一票!」で
「心に自分だけの宝島」を持っている、わくわく少年なのです。

 

盤上でのやり取り、必死なのにぷっと笑えるのが羽海野さんのマンガですよね。

 

そんな土橋さんに追い詰められる雷堂ですが、
開き直ったときの表情がとてもステキなのです。

 

「このまま楽に勝てるなんて思っていないよな?」とでも言うように、
肩をいからせてニヤリと笑った顔。

 

とてもカッコイイです!

 

桐山は、黒スーツに黒ネクタイ、
実家が葬儀屋さんという滑川との順位戦です。

 

筋違い角で入り、桐山を翻弄する滑川。

 

風貌も妖怪とか幽霊っぽくて怖いんです。

 

ぬらりひょんみたいですね。

 

雰囲気から相手を呑み込もうとしてくる滑川に、
実に現代っ子らしく対応する桐山も見ものです。

 

さて、夏祭りの三日月堂屋台は本当に美味しそう。

 

ミルクティ味の冷やし白玉、
レモンゼリーは梅シロップと生姜シロップの2種。

 

これ食べたい〜!

 

食べたいと言えば、あかりさんの作るそうめん用の具だくさんアツアツつけ汁も!

 

たっぷり生姜をごま油で炒めて豚肉、ナス、玉ねぎ、しめじも炒めます。

 

お湯を注いでめんつゆで味付け……ああっヨダレがっ!!

 

このマンガは中に出てくるお料理は、とても実用的でかつ美味しそうなのです。

 

手巻き寿司にギョウザなどなど、自分でもやってみたいレシピがいっぱいです。

 

そしてそして!夏祭りの夜、あかりさんにも恋の予感が……?

 

ワタシ的には林田先生イチオシだったのですが、
桐山分析によれば「頼りがいゼロ」で「明後日の方向にポジティブ」。

 

林田先生の目はないのか……。

 

すでにスミス、一砂など
あかりさん狙いの男性は目白押しなのですが、
そこにまた新たな人が。

 

これ、本命っぽい気がします。

 

それが誰かは、マンガで確認です!

 

まとめ

冷静に着実に、一歩一歩前へ進んでいく桐山。

 

ひなちゃんへの恋心はなかなか通じそうにありませんが、
いつかはきっとと思わせます。

 

そしてあかりさんには幸せになって欲しいですね。

 

映画化が決まった「3月のライオン」ですが、
連載が続いているので結末をどこにもっていくのか気になります。

 

次巻も楽しみです!

 

サイトで「3月のライオン」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「3月のライオン」で検索してね
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スマホマンガ.com , 2016 All Rights Reserved.