Menu
Close 

   

はたらく細胞最新刊3巻のネタバレと感想!あらすじと無料試し読みも

 
%e3%81%af%e3%81%9f%e3%82%89%e3%81%8f%e7%b4%b0%e8%83%9e_%e3%80%90%e9%9b%bb%e5%ad%90%e9%99%90%e5%ae%9a%e3%81%8a%e3%81%be%e3%81%91%e4%bb%98%e3%81%8d%e3%80%913%e5%b7%bb

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!

 

人間の体内で働く細胞の擬人化マンガ「はたらく細胞」の3巻です。

 

ドジっ子赤血球やいつも血まみれスプラッターな白血球など
お馴染みの細胞に加えて、また新しい仲間も登場です。

 

今回は「はたらく細胞」3巻のあらすじとネタバレ感想です。

 

以下ネタバレを含みますので先に無料の試し読みからどうぞ♪

サイトで「はたらく細胞」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「はたらく細胞」で検索してね

 

「はたらく細胞」3巻のあらすじ

11巻には第10話から第14話が入っています。

 

第10話は「血液循環」

 

方向音痴な赤血球は道を間違えてばかりで、いつも誰かに助けられています。

 

これじゃいけない!一人でやるんだ!と頑張る赤血球のお話です。

 

第11話は「風症候群」

 

分裂してコピーを作るだけの生活がつまらない「ただの」細胞くん。

 

そんな時、なにやらおしゃれな帽子をかぶっている細胞と出会い友達になりますが、実はその彼は…。

 

第12話は「胸腺細胞」

 

筋肉ムキムキで暑苦しいキラーT細胞と、デスクワーク型クールなメガネ男子のヘルパーT細胞は、
一見反りが合わなさそうに見えます。

 

しかし彼らは胸腺学校時代の同期でした。

 

そんな学校時代のお話です。

 

第13話は「獲得免疫」

 

血みどろの夢を見た記憶細胞。

 

世界(人体)の終わりを思わせるその光景は、記憶細胞の予知なのか?

 

そして体内に侵入してきたのは、夢の中に出てきたウイルスだった!

 

第14話は「ニキビ」

 

炎症反応を起こしている毛根に来た白血球。

 

そこにはアクネ菌が住みついて、毛根に居る細胞たちを虐げていました。

 

戦おうとする白血球ですが、毛根の細胞たちは諦めており…。

 

婚前ブラック契約  
 

「はたらく細胞」3巻のネタバレと感想

迷子になりそうな赤血球を心配して、こっそり後をついて行き陰ながら手助けする白血球。

 

怖がられることの多い攻撃属性な彼ですが、
いつか他の細胞とも仲良くなれるといいなと思ったりしています。

 

そんな白血球を「甘っちょろいこと言ってんじゃねえ!」と殴り飛ばすキラーT細胞。

 

必要とあれば仲間も容赦なく殺す、それが免疫細胞だと怒鳴ります。

 

でも彼も本当は、他の細胞とも仲良くしたかったんですね。

 

強面なのにツンデレなキラーT、11話で助けた細胞たちと全力で遊ぶ姿がカワイイです。

 

そんなキラーTも胸腺細胞の時代は、落ちこぼれの劣等生でした。

 

同期の胸腺細胞(後のヘルパーT)と関わり合いながら成長していきます。

 

お互いに影響し合い助け合う、それは実際の免疫系と同じですね。

 

今回初登場の毛母細胞くんも頑張りキャラです。

 

アクネ菌の支配を諦めと共に受け入れてしまう、毛根の細胞たち。

 

諦めちゃダメなんだと涙ながらに訴える、チビ毛母細胞くん。

 

それは累々たる仲間の死骸(膿)を見ても、
戦いを諦めなかった白血球の姿を見たからなのです。

 

「働く」細胞というよりも、「頑張る」細胞たちのお話であるこのマンガ。

 

でも細胞たちはきっと、「頑張」ってなんかいない、
自分たちはただ「働いて」いるだけさって。

 

そうさらりと言う気がします。

 

まとめ

人間の体内で働く細胞に個性的なキャラクターを与えているこのマンガ。

 

赤血球や白血球などお馴染みの面々に加えて、新しい仲間も登場しました。

 

いろいろな細胞の働きや免疫系などの知識も盛り込まれており、ちょっと勉強になりますね。

 

次巻はどんな細胞が登場するのか、楽しみです!

 

サイトで「はたらく細胞」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「はたらく細胞」で検索してね
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スマホマンガ.com , 2016 All Rights Reserved.