Menu
Close 

   

ちはやふる最新刊33巻のネタバレと感想!あらすじと無料試し読みも!

 
%e3%81%a1%e3%81%af%e3%82%84%e3%81%b5%e3%82%8b_33%e5%b7%bb

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!

 

「ちはやふる」の最新刊33巻が発売になりました。

 

千早たち3年生にとって高校最後の全国大会が、ついに終幕を迎えます。

 

全国大会を終えて、次の道へと踏み出していく千早たち。

 

今回は「ちはやふる」33巻のあらすじと感想などをまとめていきます。

 

以下ネタバレを含みますので先に無料の試し読みからどうぞ♪

 

サイトで「ちはやふる」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「ちはやふる」で検索してね

 

ちはやふる33巻のあらすじ

全国大会個人戦、それぞれの想いを胸に試合に臨む各校の生徒たち。

 

A級準決勝は、新と肉まんくん、詩暢と理音です。

 

実力差が明らかな相手にそれでも必死でくらいついていく肉まんくんと理音ですが、
奮闘むなしく負けてしまいます。

 

そして迎えたA級決勝戦は、新と詩暢。

 

その傍らでは、新と同じ藤岡東の滉がB級戦を戦っています。

 

滉のために、自分の試合中に間合いを取る新。

 

それは個人戦でありながら、
仲間と一緒に戦う団体戦でもあったのです。

 

チームを作って、チームと共に戦う新。

 

チームを否定し独り戦う詩暢。

 

はたしてその結果は?

 

勝利の女神はどちらに微笑むのでしょうか?

 

そして新の告白に対して、千早が出した答えは?

 

婚前ブラック契約  
 

「ちはやふる」33巻のネタバレと感想

全国大会個人戦のA級準決勝。

 

肉まんくんは新と対戦します。

 

歯が立たず負けてしまう肉まんくんは、泣きながら自分に問いかけます。

 

詩暢と戦うために練習してきた千早、名人になることを考えてきた新に対して、
自分は「新に勝つために練習してきたか?」と。

 

自分の3年間はなんだったんだろうと。

 

虚しさに飲み込まれそうになっている肉まんくんを救ったのは、千早でした。

 

「肉まんくんの毎日は、瑞沢を強くしてくれる毎日だった」

 

「下の子たちに残るのは、肉まんくんの言ったことだよ」

 

肉まんくんがしてきたことは無駄じゃないんだと必死で伝える、
千早の言葉が心に沁みました。

 

D級の決勝には菫が残ります。

 

千早や肉まんくんがいなくなったあと、
「私たちのかるた部」を守るために強くならなければと思う菫。

 

入ってきたばかりの頃とは、顔つきが全然違います。

 

千早の言葉通り、それはきっと肉まんくんのおかげなのですね。

 

そして迎えたA級の決勝は詩暢と新です。

 

個人戦も団体戦と一緒だと捉えて、チームとともに戦う新。

 

それに対してチームを否定し独り戦う詩暢。

 

勝つために自分を変えていく新。

 

チームのどこがいいのか理解はできないけれど、
変わろうとあがく新を詩暢は「おもしろい」と感じます。

 

勝利へのアプローチが正反対の二人。果たして勝つのはどちら?

 

決勝が終わった後。

 

あれほど頑なに自分のスタイルを変えようとしなかった詩暢が、
千早の言葉で変わろうと決意するのが、とても嬉しかったです。

 

千早の勝負への真摯さが、ついに詩暢を動かしたんだと胸が熱くなりました。

 

まとめ

高校最後の全国大会は、それぞれがこれまでの全てをかけた勝負でした。

 

しかしその先を目指すためには、それだけでは足りないと気付いたのです。

 

さらに高みを目指すために、自分は変わっていかなくてはならないと。

 

この先、千早たちはどう変わっていくのでしょうか?

 

そして一足先に別の道に踏み出している太一がどうなるのか、とても気になります。

 

周防名人に最初に勝つのは、新か、それとももしかしたら太一なのかも?

 

あっその前に、千早には進学問題があったのでした。

 

かるたはできても勉強はいまひとつな千早、進学大丈夫なの??

 

どうなる?次巻!

 

サイトで「ちはやふる」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「ちはやふる」で検索してね
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スマホマンガ.com , 2016 All Rights Reserved.