Menu
Close 

   

海街ダイアリー最新刊7巻のネタバレと感想!あらすじや結末はどうなる?

 
%e6%b5%b7%e8%a1%97diary_7_%e3%81%82%e3%81%ae%e6%97%a5%e3%81%ae%e9%9d%92%e7%a9%ba%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f

この記事を書いている人 - WRITER -

鎌倉を舞台に家族の絆と愛情に胸が苦しくなります。

 

2015年には映画化もされて、待ちに待った第7巻!

 

4姉妹それぞれの恋についに動きがあります。

 

最新刊の内容を含め、そんな「海街ダイアリー」をご紹介していきます!

 

以下ネタバレを含みますので先に無料の試し読みからどうぞ♪

サイトで「海街ダイアリー」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「海街ダイアリー」で検索してね

 

海街ダイアリー7巻のあらすじ

鎌倉の街に4姉妹で住んでいる幸、佳乃、チカ、すず。

 

辛い出会いから時間は経ち、
母親が違うという事を感じさせないほどに絆の強まった姉妹の日々。

 

しかし、すずには進学という壁が立ちはだかります。

 

自分の居場所をまた無くしてしまうのではと不安にかられ、
遠くの女子サッカー強豪校への特待生の話に二の足を踏んでしまうすず。

 

けれど、風太の思いやりのある言葉に心が動かされます。

 

すずの決断は?

 

3人のお姉ちゃんにもついに新たな一歩を踏み出す時がきます!

 

恋に臆病になってしまった幸、強い信念を持ち続ける佳乃、
大切な事が言えないまま遠くへ恋人が行ってしまったチカ、
様々な気持ちが揺れ・・・。

 

それぞれの思いが交錯する第7巻です!

 

 

海街ダイアリー7巻のネタバレと感想

この巻のみどころはとても一つには絞れません!

 

すずは自分の巣立ちをこの巻で決意しますが、
決してそれは別れや喪失ということではなく
彼女がついに自分の確固たる居場所を見つけられたということなのです。

 

ずっと止まっていた時は鎌倉に来た時から少しずつ動き出し、
ついには大きく針が音をたてて動き始めたのだと思います。

 

「同じ月を見ている」の最後にはすずはカーテンが欲しいと言っています。

 

今まで辛い思い出に縛られカーテンをつけることのできなかったすずですが、
ついに心に変化が訪れたところには感無量でした。

 

でもそれを重く感じさせない吉田秋生さんの描き方にはただ感心します。

 

お姉ちゃん達の恋にもただただキュンとさせられました。

 

あの頼りないヤス!

 

口説こうとして酒で寝落ちちゃうヤス!

 

でも彼は底なしに温もりある人なので
かたくなになっていた幸の心をほぐしていきます。

 

かたくなといえば坂下課長も!

 

過去にとらわれたままだった彼に真っ向勝負で思い続けた
愛の狩人佳乃もついに課長の手をとる時が訪れます。

 

そして、最後ははっと息の止まる出来事が。

 

次巻が待ちきれません!

 

まとめ

作者の吉田秋生さんは激しさの中に静けさ、
エンターテイメント性にあふれつつも
詩的な美しさのある作品を書かれているように感じます。

 

ですがこの「海街ダイアリー」では
鎌倉という情緒あふれる街を舞台に
とても文学的で穏やかな空気を書かれていると思います。

 

それがとても魅力的です。

 

何度読み返しても新たな発見があり、
姉妹それぞれの心の動きと成長が細やかに見て取れます。

 

これまで日々の生活が淡々と綴られてきましたが、
ここにきてついに物語は大きなうねりを見せています!

 

それぞれの恋の行方に目が離せません!

 

どうか終わらないで!と切に願いますが、
4姉妹の未来がどのように綴じられていくのかもとても気になりますね。

 

次巻を楽しみに待ちましょう!

 

サイトで「海街ダイアリー」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「海街ダイアリー」で検索してね
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スマホマンガ.com , 2016 All Rights Reserved.