Menu
Close 

   

ひばりの朝のネタバレと最終回の結末は?あらすじと感想まとめ

 
%e3%81%b2%e3%81%b0%e3%82%8a%e3%81%ae%e6%9c%9d%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f

この記事を書いている人 - WRITER -

今回ご紹介させていただくのは、ヤマシタトモコ『ひばりの朝』(全2巻)。

 

水彩絵の具で仕上げられた淡い色合いの表紙がとっても素敵。

 

……しかし表紙とは裏腹に、内容はかなりシビアで深い漫画です。

 

以下ネタバレを含みますので先に無料の試し読みからどうぞ♪

 

サイトで「ひばりの朝」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「ひばりの朝」で検索してね

 

『ひばりの朝』のあらすじ

『ひばりの朝』の主人公・手島日波里(以下「ひばり」)は中学二年生の女の子。

 

彼女は、同世代の女の子たちが持っていないものを持っていました。

 

それは、大人びた雰囲気と肉感的な体。

 

そのせいで、男性からはまず性的な目を向けられ、女子には疎まれてしまいます。

 

そのせいで、痴漢に遭っても「仕方ない」と言われます。

 

そのせいで、父親から−−−−。

 

 

『ひばりの朝』のネタバレと感想

ストーリーの主軸は、ひばりが抱えている、ある悩み。

 

美知花と二人きりのときに、こっそり相談しました。

 

それは、自分に対する父親の行動。

 

例えば、
夜寝ていると部屋に入ってきてじっと見られる、
ひばりがお風呂に入っている間、ずっと洗面台を使っている、
家の中ですれ違うと舌打ちをされる、など。

 

信じられませんよね〜。

 

実の父親が、娘を性的な目で見るなんて!

 

考えられない。いや、考えたくもない。

 

でもひばりは、物語の中で実際にそういう目に遭っているわけです。

 

どれほどの不安や不信感を感じたかは安易に想像できませんが、
相当なストレスに晒されたことは確かです。

 

つまり、児童虐待です。

 

虐待というと、暴力などの直接的な行為を考えがちですが、
過度のストレスなど心理的外傷を与えることも虐待の内に含まれます。

 

ひばりの父親がしていることは、立派な児童虐待なのです。

 

……この悩み、噂好きで腹黒い美知花はすぐバラしちゃうんですけどー。

 

翌日、クラスは「ひばりが父親から性的虐待を受けている」という噂で持ちきり。

 

それを聞いて初めて、あれは虐待なんだと認識してショックを受けるひばり。

 

しかし、「あたしがわるい」と自分を責め、さらに追い詰められていきます。

 

そう思ってしまうのも無理はないと思います。

 

今まで散々、自分の容姿のせいにされ続けてきたんですから・・・

 

でも!
ひばりが大人びた雰囲気と肉感的な体を持っているから悪い、
なんてことは全くもってありません!

 

悪いのは、性的な感情をコントロールできない父親と、
それを何故かひばりのせいにしようとする周りの人々。

 

なので、「あたしがわるい」と言うひばりを見て、悲しくなりました。

 

その外側で、性的虐待の噂を聞いた登場人物たちが動き出し、
最終的に親戚の完ちゃんが直接、ひばりの父親の元へ事実確認に向かいます。

 

ひばりは救われるのでしょうか?

 

『ひばりの朝』は、ひばりと接点のある人物との間で展開されます。

 

親戚の「完ちゃん」、その彼女「富子」、完ちゃんと富子の友人「憲人」、
ひばりの両親、担任の「辻先生」、クラスメイトの「美知花」、ひばりに片想い中の「相川」。

 

登場人物たちがひばりに対して
どのような感情を抱いているかに注目して読んでみてください。

 

そうすると更に楽しめると思います。

 

まとめ

『ひばりの朝』は、登場人物の表情がとても丁寧に描かれているため、
まるでドラマを見ているような感覚で楽しめます。

 

ヒューマンドラマや学園ドラマが好きな方には特におすすめ。

 

ぜひ読んでみて下さい。

 

サイトで「ひばりの朝」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「ひばりの朝」で検索してね
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スマホマンガ.com , 2016 All Rights Reserved.