Menu
Close 

   

ルーキーズ(漫画)のネタバレと最終回の結末は?あらすじを紹介

 
ルーキーズ 画像

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!

 

今回は、ROOKIESのあらすじや感想などをまとめていきます。

 

ROOKIESは、“ろくでなしブルース”で人気の、森田まさのり先生の作品で、
TV化・ドラマ化までされた超人気作品です。

 

何度読んでも感動の名作!

 

思い返せば胸が熱くなりますね。

 

以下ネタバレを含みますので先に無料の試し読みからどうぞ♪

サイトで「ルーキーズ」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「ルーキーズ」で検索してね

 

ROOKIESのあらすじ

ROOKIESは、二子玉川学園野球部の話です。

 

野球部は、甲子園の予選大会で暴力事件を起こしてしまい、
活動休止になりさらに不良集団になってしまいます。

 

そこに登場したのが、新任教師の川藤幸一。

 

彼は、空手・柔道を子どもの頃から叩き込まれており、
礼節を重んじる人物でした。

 

熱血教師の川藤先生は、
不良になってしまった野球部員たちをまた元の野球部として復活させようと奮闘します。

 

不良集団の野球部VS川藤幸一

 

スクールウォーズのような設定ですが、
彼らはどうなっていくのでしょうか?

 

 

ROOKIESのネタバレと感想

川藤は、野球部の監督になることに決めました。

 

生徒の事をとことん信じて向き合ってくれる川藤の優しさに触れて、
続々と野球部に戻っていく部員たち。

 

その中でも最後まで戻らなかったのが
新庄(ろくでなしブルースの鬼塚に似てるキャラ)。

 

新庄は、川藤の授業中に拳を握りしめ川藤を殴ろうとしますが、
武道の有段者である川藤はその拳を受け止めます。

 

そして、

 

『手って不思議だよな。握れば拳、開けば掌(たなごころ)。
たなごころってのは、手の心っていう意味だ。
いつかお前がこの拳を開いてくれるのを待ってるからな』

 

と言うんです。

 

出た!!名台詞!!!

 

その後二子玉川学園は他校と練習試合をするのですが、
9回大ピンチの時に、いきなり新庄が登場し、
川藤に手のひらを開いてみせるんです。

 

たなごころですよ!!!

 

もうそこは、鳥肌ものです!!!

 

かくして二子玉川高校野球部は
甲子園を目指して頑張っていくのです。

 

ですが、なにしろ元不良。

 

悪い奴らからのからかいとかもあって、大変なんです!

 

熱い男川藤が、
どこまでも生徒を信じて“夢にときめけ!明日にきらめけ!!”の
合言葉とともに奮闘して、引っ張っていくのでした。

 

余談ですが、二子玉川学園の部員の
名前・監督・マネージャー含めて全て阪神の選手の名前です。

 

対戦相手となるチームの名前は、巨人の選手の名前が多いようですが。

 

また、ROOKIESは、絵を見ているのに
実際に話しているようなそんな感覚に陥りますが、
それは、セリフをしゃべっているキャラの口が
そのセリフの最後の口の形になっているからなんですよ。

 

注目してみてください。

 

まとめ

ROOKIESは、全24巻で完結しています。

 

野球に詳しくない人でも、スッと入れて、
平行してドラマや映画を見るのもおススメです。

 

今話題の浦ちゃんこと桐谷健太さんが意外な役で出ていたり、
佐藤健さんが奇抜な髪形していたりとおもしろいですよ。

 

ただ、感動して泣いちゃいますので、ハンカチ必須です!!

 

サイトで「ルーキーズ」と検索↓↓↓

サイトに移動したら「ルーキーズ」で検索してね
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スマホマンガ.com , 2016 All Rights Reserved.