Menu
Close 

      2017/02/21

ふしぎ遊戯玄武開伝のネタバレと感想!最終回の結末は?

 
ふしぎ遊戯_玄武開伝 画像

この記事を書いている人 - WRITER -

朱雀の巫女、青龍の巫女が誕生するより遥か昔。

 

一番最初に四神天地之書に吸い込まれ、
玄武の巫女になった一人の少女の物語です。

 

朱雀青龍編では悲劇の少女として描かれていますが、
本当の彼女はどんな巫女でどのように本の世界を生きたのか・・・

 

みなさん自身で確かめてみてください!

 

以下ネタバレを含みますので先に無料の試し読みからどうぞ♪

 

サイトで「ふしぎ遊戯 玄武開伝」と検索↓↓↓
※スペースを入れる、もしくはひらがなで検索してください。

サイトに移動したら「ふしぎ遊 戯玄武開伝」で検索してね

PCの方はこちらから

サイトに移動したら「ふしぎ遊戯 玄武開伝」で検索してね

 

ふしぎ遊戯玄武開伝のあらすじ

大正時代、女学生の奥田多喜子は
父が翻訳した四神天地之書の世界に吸い込まれてしまいます。

 

北甲国で出会った虚宿(ハーガス)から
この国が倶東国の脅威にさらされていることを知った多喜子は
自ら玄武の巫女になることを決意しました。

 

玄武七星士集めを始めた多喜子でしたが、
北甲国皇帝から狙われたり、
同じ玄武七星士危宿(ハーガス)に命を狙われてしまいます。

 

そんな多喜子たちの危機を救ったのは、
倶東国についた玄武七星士の女宿でした。

 

多喜子の危機に必ず現れ多喜子の危機を救う女宿に
多喜子は少しずつ惹かれ始めます。

 

なんとか女宿を含めた6人の玄武七星士を集めた多喜子でしたが、
もう一人の危宿(テグ)が北甲国の王宮地下に幽閉されていることを知り救出に向かいます。

 

救出には成功しましたが、テグを庇いハーガスが死んでしまいます。

 

危宿の半身であるハーガスの死により
多喜子たちは玄武七星士を集めることに失敗してしまいました。

 

果たして多喜子たちは玄武を召喚することができるのか・・・?

 

婚前ブラック契約  

 

ふしぎ遊戯玄武開伝のネタバレと感想

ようやく七星士が揃ったと思われたときに危宿の死。

 

危宿が双子だったという驚き、
そして危宿(ハーガス)の死により一度は玄武を呼び出すことができないかと思われましたが、
まさかの危宿(テグとハーガス)の力がテグのものとなり完全な危宿になります。

 

そして、女宿と皇帝であったテムダンとの親子の和解が
完了したばかりなのに暗殺されてしまったテムダン。

 

テムダンが弟のテギルの陰謀により全てを失い
息子である女宿を殺そうとした悲劇は本当に泣けました!

 

テムダンの死により皇帝となった女宿は多喜子の病が深刻化していることを理由に、
玄武召喚の儀を中止します。

 

多喜子と女宿は七星士たちに祝福されながら婚儀をあげます。

 

幸せそうに微笑み支えあう2人を見ながら、
旅の苦労を思い返すと本当にほほえましく思いました。

 

けれども、そんな幸せな時間は倶東国の進軍により打ち壊されます。

 

七星士の力を使い、優勢に進む戦い。

 

しかし大地は皮肉にも牙をむきます。

 

多喜子は北甲国の永久凍土が始まったことに気づき
国を救うため玄武召喚の儀式を始めることを七星士たちに伝えます。

 

けれど、多喜子の病や巫女は神獣に喰われる生贄であるため反対する女宿。

 

多喜子はそんな女宿に「最後の願いを叶えたい」と伝えます。

 

迷い苦しみながらも玄武召喚の儀式を許した女宿。

 

多喜子と玄武七星士たちは倶東国が攻め込む中、
玄武を召喚することはできるのか…。

 

前作とは違い、玄武開伝の主人公奥田多喜子は本当に心が強く大人っぽい少女です。

 

自分の病よりも困っている北甲国の人々を救うことを選びます。

 

また、前作ではまじめで大人っぽい役回りであった玄武七星士が子供っぽく見えてしまう。

 

そんなギャップも楽しめる作品になってます!

 

まとめ

朱雀青龍編よりも以前を描いた作品です。

 

主人公の多喜子と女宿との恋も気になりますが、
前作で描かれた多喜子の悲劇は本当だったのでしょうか。

 

前作を読んだ方には真実を知ることができ、
玄武開伝から読む方には前作はその後の続編として楽しめる作品になっています!

 

「ふしぎ遊戯 玄武開伝」を無料で&続きを安く読む方法

「ふしぎ遊戯 玄武開伝」はBookLive(ブックライブ)で無料試し読みできます♪

 

会員登録(無料)をすれば毎日更新される無料作品を9,000冊以上も読めるので、
いろんな作品を楽しみたい方にもオススメです。

 

 

漫画の他にもラノベや小説・文芸、ビジネスや実用書、
雑誌や写真集まで読めるので、スマホやタブレットで持ち歩ける本屋さんのよう♪

 

また、会員登録時に初回50%オフクーポンがついてくるので
続きが気になる作品は半額で購入できてとってもお得!

 

それに加えて楽しみなのは毎日できるクーポンガチャ

 

だいたい15〜50%オフのクーポン
どれが出てくるかはガチャしてからのお楽しみ♪

 

会員登録後もシークレットクーポンプレゼントなど
定期的なキャンペーンが行われているので、
BookLiveの便利さを知ると書籍を定価で購入できなくなりますよ!(笑)

 

加えてTポイントも貯まります♪

 

まずは無料の会員登録で、無料試し読みから楽しんでみてくださいね。

 

BookLiveで無料試し読みしてみる(サイトで作品名を検索)↓↓↓

 

その他こちらのサイトではeBookJapan(イーブックジャパン)
まんが王国などの電子書籍サイトも紹介しています。

 

が、個人的にオールジャンルを無料or安く楽しむなら、
断然BookLiveがオススメです。

 

eBookJapanとは僅差で迷ったんですが、
これは使ってみてわかる好みかなぁと思います。

 

レア本・入手困難本を読みたい方や
一気にまとめ買いをする場合はeBookJapanの方が良いかも。

 

どちらも品揃えが豊富で正直迷うと思いますが、
会員登録は無料なのでまずは試し読みから利用してみてください。

 

eBookJapan(イーブックジャパン)で無料試し読みしてみる(サイトで作品名を検索)↓↓↓

 

まんが王国(スマホ向け)は月額なので、
漫画だけを月額で安く楽しみたい方、
ポイント利用で1話ずつ楽しみたい方にオススメ。

 

また、まんが王国でしか読めない作品があるのも魅力的です。

 

これは長くなるので別で紹介したいと思います(笑)

 

なんだかんだ全サイトを利用している管理人ですが、
それぞれ特徴があるので作品に合わせて利用しています。

 

電子書籍は使い出すとほんっと〜〜〜に便利!

 

ですが紙の本も大好きです。

 

というわけで、まずは電子書籍で試し読みをしてみて、
気に入って手元に残しておきたい本のみ書店で購入するのがオススメですよ♪

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スマホマンガ.com , 2016 All Rights Reserved.